stam1na / Raja

  前にも一度書いたことあった気がしますが、Stam1naについてもういちど・・・ 上の写真は、彼らのRajaというアルバムです。これもお勧め。 というのも、新作が出るらしいので このアルバムは、フィンランド人 もっと読む »

Skyforger / Amorphis

Amorphisの9枚目のアルバムのSkyforger。。 綺麗すぎて(音が軽すぎて?)、そこまで愛聴はしてないわけですが、それでも、たまに聴いてます フィンランドのKalevalaのコンセプトアルバムです。 Kalev もっと読む »

U turn / Uターン

ショーン・ペン主演、オリバー・ストーン監督の作品、Uターンを見ました きれいな空が印象に残って、ストーリーはブラック・コメディ、でもって、満足いたしました。 心なしか、ジェニファー・ロペスの顔がちょっと今とは違う気がした もっと読む »

So far, So good…. so what? / Megadeth

Megadethを知った10歳の頃からの一貫したヘビロテは、このアルバムの、『Liar』と『Hook in mouth』です :In-Love: というか、ま、Megadeth自体のアルバム全部がもうずっとヘビロテですが もっと読む »

Iron / Ensiferum

よく考えたら、何度もVictory Songsのレビューは書いてるのに、これを書いていないことに気づきました。 これは、もう問答無用のEnsiferumのAnthemである、IronとLai Lai Heiが収録されてま もっと読む »

Surtur Rising / Amon Amarth

Amon Amarthの8作目、Surtur Risingは最高傑作 邦題は、『焔の巨人スルト襲来』と、すごいことになってます ジャケは、なんだか、この前見た、Immortalsを彷彿とさせるような、猛々しい感じ。 1曲 もっと読む »

Kotka Finland 2011年夏 1

  フィンランドのコトカでとった写真。 綺麗だったな〜〜   コトカでは、例年 Dark River Festivalが開催されてて、去年、友達のところにとまって、そのフェスに行ってきたのでした。 出 もっと読む »

Fragile / Nine Inch Nails

このアルバムは、NINのいままでのアルバムで一番好き。 なかでも、 このアルバムに入っている、 【We’re in this together】 は個人的に、名曲だと思っております :In-Love: &nb もっと読む »

 

キャビン / Cabin in the woods

やっと、ホラーファンに話題になった映画、キャビンを見ました!!

予告編とかも見ずに見たほうがより楽しめるそうです。

さて、私は、かなりホラー映画が好きですが、もっぱら、血まみれ系のものが好きで、心理系のはあんまり・・・
日本やヨーロッパのホラー映画は怖すぎて見れませんw
もっぱら娯楽作品としてのホラー映画が好きなわけです。
で、この映画はどういう位置づけかというと、私の中では、ホラー映画というより、むしろコメディかな、と。
でも、ピーター・ジャクソン氏のブレインデッドほどには笑えませんが。
これがブレインデッド。↓ 中盤以降、笑いが止まりませんでした。
ぐちゃぐちゃで、グロいですが、なんというか、ある高みに到達しているというか、コメディとしても最高です。

このキャビンは、最初の1時間くらいは、長年ホラー映画を見てきた人間からすればまったく怖くもなんとも無く、むしろ、おっ!っていうどちらかと言うと、今までホラー映画を見てきた人間ならば、ニヤっとなるかもしれないシーンが満載ですが、怖くはなく、グロくもないです。
残り30分くらいから、一気にブレインデッドばりの(ブレインデッドのほうが私としてはすごいですが)光景が繰り広げられ、最後の最後は、おおおってなります。

このラストも賛否両論あるみたいですが、形式がなんであれ(その結末の原因とでもいいますか、理由、説明・・・)、よくあるホラー映画ではまず無いと言って過言ではないのではないかっていう結末は、日ごろホラーを見てて、こうなればいいのに、とか思ってた不謹慎な私からしてみれば、おお、よくぞやってくれました、という感じになりましたw

ただ、俳優の演技があんまり好きじゃないというか、なんとなく俳優がすきじゃないというか・・
ということで、評価は
Delighted

関連するかも???




当ブログにお越しいいただき、ありがとうございました!!!またぜひお越しください★

Copyright © 2003-2015 shinodeth. All Rights Reserved

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Skyrim 簡単な紹介

先日から、スカイリムをパソコンにダウンロードして始めました。

選んだ種族は、Bretonです。
現在レベル25まで上がってて、こんなかんじです。

★ファルクスと結婚
★レイクビューに家を建築(メインの家)
★ウィンドヘルムに家を購入
★執政にはヴィルカス
★従者にはトレヴァー

子供部屋はまだできていないです。

今日、キルクリースのクエストを終われせようと思ったのですが、メリディアの光のところで、作動させてるはずなのに、ドアが開かなくて、結局あきらめました。

というところで終わっております。

同胞団クエは終わらせてます♪

魔法戦士的なものに成長させているので、魔法使いのはずなのに、やたらマッチョですw
現在両手武器のレベルが68で、魔法より斧でぶった切ってますw

スカイリムのプレイ日記を書いていらっしゃる方がたくさんいるみたいですね! で、どれも面白い・・・・

二周目からはプレイ日記、書いてみてもいいかも、と思ったりしております。

関連するかも???




当ブログにお越しいいただき、ありがとうございました!!!またぜひお越しください★

Copyright © 2003-2015 shinodeth. All Rights Reserved

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Skyfall / スカイフォール

 

 

お久しぶりです!!

 

あけましておめでとうございます★

 

骨折事件もあり、引っ越しなどどたばたしていて、とうとうこんな時期になってしまいました Cry

 

足の方は、痛みはもうほとんどなくなりました! 正座を長時間したり、走ったりすると、ちょっと痛みますが、ま、そんなもんでしょう Grin

 

さてさて、遅ればせながら、Skyfallの感想を書かせてもらおうと思います。

 

実は、007は、ショーン・コネリーのしかみたことがなく、近代(?)に入ってからの007は、このSkyfallがはじめてとなります。

なので、カジノ・ロワイヤルなどもまったくみてません笑

なので、007のファンとは言えない状態でして、007はこういうもの、っていう概念がないです。ですので、たんに、Skyfallっていう映画を見た、っていう感覚ですw

 

ダニエル・クレイグがボンドさんなわけですが、上記のように、007はこういうもの、っていう強い思いがないので、特に違和感もなく、はあ、そういうもんか、っていう感じで見ることができました★

ボンドさんの実家がでてくるなど、かなりパーソナルな内容の007みたいです。

Mのジュディ・デンチですが、この人がボンド・ガールなのか、っていうくらい、中心的な役割をしていましたね。

冒頭のアクションシーンが好評のようですが、私としては、最後の、燃えさかるシーンの、どこかの戦場か、っていうくらいの銃弾のぶち込みようが、気に入りました笑

で、実は、長崎の軍艦島がでてきてびっくり。実際に軍艦島で撮影を行ったわけではないらしいのですが、なんにせよ、ちょっとうれしいですね^^

Overjoy

 

関連するかも???




当ブログにお越しいいただき、ありがとうございました!!!またぜひお越しください★

Copyright © 2003-2015 shinodeth. All Rights Reserved

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

骨折日記1

いきなりですが、骨折日記を書くことにしました。

覚書ということで・・・

 

7月14日に、ひょんなことで左足の甲を骨折(通称下駄骨折らしいです)して、早約3週間。

足のところをくるっと囲む程度に取り外し可能なギプスを。

毎週火曜に整形外科に行ってレントゲンをとってもらってます。

足の踵を使って歩くようにとのこと。

論文とか書くので基本一日中座っているんですが、そうすると足が腫れて腫れて・・・

結局、先週からよっぽどなことがない限り、自宅で安静にすることにしました Smile

なんかよくわからないけど、眠いのなんの。

 

今日も昼寝したけど、起きたら、すごく足が良くなってる Approve

お風呂も昨日からオッケーが出て(シャワーはずっと入っていましたあ湯船に浸かるのがダメでした)、そしたら、血行が良くなったからか、左足をかばって歩くようになったせいでの痛みが出るようになってしまった左膝もだいぶマシに★

 

来月の29日には飛行機なので、それまでにはなんとしてでも治さないと!!!

 

今年はサマソニは諦めるしかなさそう・・・

関連するかも???




当ブログにお越しいいただき、ありがとうございました!!!またぜひお越しください★

Copyright © 2003-2015 shinodeth. All Rights Reserved

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

愛を読むひと / The Reader

 

録画したのを見ました。

ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズが出てます。

他にも、名優ブルーノ・ガンツも。

 

<ストーリー>
1958年、大戦後のドイツ。15歳のマイケルは、年上のハンナと激しい恋におちる。ある日、ハンナは彼に本の朗読を 頼み、子供のようにその物語に聞き入った。以来、二人の間では“朗読”は繰り返され、愛はより深まっていったのだが、突然彼女は姿を消してしまう……。8 年後、法学生となったマイケルが傍聴した裁判で見たのは、戦時中の罪に問われるハンナだった。彼女はある“秘密”を守るために不当な証言を受け入れ、無期 懲役を言い渡される。唯一その秘密を知るマイケルは彼女を救えるはずだった。しかし――。

~アマゾンの解説より~

 

 

前半はかなりのシーンがたくさんあります Kissing 映画の内容からして、ここまで必要かな、って思いましたけど。

完全に、デヴィッド・クロス演じるマイケルは、ケイト・ウィンスレット演じるハンナの中毒になってますね。彼女と出会うことで、早々と性欲にまみれた大人の男へと成長してしまいました。

後半はナチ関係の話になります。

なんだか映画を見終わった後、複雑な感覚に・・・

戦争でドイツが負けたから、事後的にあれやこれや言えるわけで、その当時、そのとき生きている人々は、まさにそこにどっぷりと浸かって日常生活を送っているわけです。仕事として淡々とこなしているだけだったのかもしれませんし・・・

 

Happy

 

関連するかも???




当ブログにお越しいいただき、ありがとうございました!!!またぜひお越しください★

Copyright © 2003-2015 shinodeth. All Rights Reserved

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.